寝たきりになったら

介護病棟の不足

看護師

高齢者が病気になるとその治療には長期間かかるときもあります。また脳疾患や骨折などをしたときには一生寝たきりになることも多くなってきています。これらの病気で急性期を脱して慢性期になって、寝たきりになった場合には介護を一生しなければならないことも多く、また入院先である介護病棟も日本には充分に配備されている状態ではなく患者も自宅に帰ることを望む人も多くなっています。自宅で介護を行うときには、充分な医療サービスを迅速に行える体制が必要不可欠になってきます。在宅で医療のサービスを受けられる在宅医療サービスをすぐに受けられることが自宅で介護を行う人には欠かせません。日本の医師の中には在宅医療サービスを専門的に行っている医師も多くなってきており世田谷区でも多くの人が在宅医療サービスを受けています。

医療体制の充実

この在宅医療サービスはこのサービスを行う医師がかかりつけ医となり各家庭に赴いて診療を行うサービスです。診療科目も内科や外科、歯科まで幅広い範囲に広がっています。自宅の住み慣れた場所で治療を受けられることから何の気兼ねもなくサービスを受けることができ患者にとっては病院で治療を行うよりストレスを感じることなく治療ができるメリットがあります。世田谷区でも多くの医師が在宅医療サービスを行っていて患者の健康の維持を図っています。介護病棟が少なくなるとますます在宅医療は重要になってきて、総合病院との連携も視野に入れながら多くなってくることが世田谷区でも望まれていて、世田谷区での医療の充実にも一役買っています。